わきがの人は手汗をかきやすいというのが特徴的

わきがとは、わきの下が異常に臭いがする症状で、男女問わず汗をかきやすい人に多い症状です。実際にわきがの程度には個人差が見られますが、その臭いの元は汗をかいたときにそれが細菌によって分解され、その時に異臭を放つのが主な原因となります。従って、わきがの原因は汗でもあるため、汗の量をコントロールできれば、わきが自体を抑制することも可能となります。またわきがの人の症状としては、手汗をかきやすいというのが特徴的です。

 

人が手汗をかくシーンと言うのは、人前で話すなどの緊張した時に主に残るので、場合によっては手から滴り落ちるぐらい汗をかくこともあります。その時の体調にも左右されますが、手から滴り落ちるぐらい汗をかく人は、わき下の汗の量も多かったりする傾向もあります。精神的なあがり症などが原因とすることもあり、体中の汗の量が通常の人よりも多い傾向となります。よって手汗をかく人は、そのままわきがにもなりやすいというのが現実かもしれません。

 

気になるわきが治療には幾つかの方法が存在し、軽度から重度までわきが治療の方法が変わってきます。いずれかを採用するかについては、これも個人差があるのでわきがに悩んでいたり、汗の量に悩んでいる人にとっては、その程度に応じたわきが治療を選択することが重要なポイントとなります。

 

ではわきが治療の方法にはどういったものが存在するのか気になるところです。まず軽度のわきがであれば、市販で販売されているわきがクリームや制汗スプレー、ミョウバンスプレーなどの方法があります。それを臭いの気になる箇所に塗っておくだけで、臭いを抑制する効果が存在します。なお塗るクリームやスプレータイプによっては皮膚の収斂作用があり、毛穴を狭める作用があるので汗の量を少なくできる場合があります。他に殺菌効果も期待でき、汗を分解する細菌を殺す成分が配合されていたりもします。ただ効果が継続するかについては、制汗剤の薬剤が皮膚に残っていることが前提で、汗や入浴などで流してしまうと、その効果が一時的なものとなるケースが多いです。そのため時間が経過するとまた臭いが発生することも多くなります。

 

わきがの症状の程度が中度の場合には、ボトックス注射・電気凝固法の二つが存在します。これは制汗クリームやスプレーとは違い、より根本的な解決に至る方法で、ボトックス注射はボツリヌス菌の毒を皮膚に注入することで汗の発生を抑制する効果となります。また電気凝固法は、電気針を用いることで皮膚の汗腺を破壊してしまう方法です。これは脱毛と併用して行われる方法で汗を出なくすることでわきが治療を行うこととなります。汗をかくのを防ぐことによってわきがの臭いを抑制することも可能です。

 

最後にわきが臭が重度の場合に行われる方法は手術です。実際にメスを入れたりして、汗を発生させる皮膚組織を切除してしまう方法です。剪除法・皮膚組織吸引法・超音波吸引法・皮下組織削除法などの方法があり、医師と相談の上でどれを選択するかを決める流れとなります。ただ手術は永久的に効果があるわきが治療で、推奨される方法です。