加齢臭対策に役立つお風呂の入り方

40代辺りから目立ってくる体臭が加齢臭というものです。
ノネナールという原因物資が分泌されやすくなり、これが加齢臭の原因になっていますから、いかにこの物質をきれいに取り除くかが加齢臭対策のポイントとなります。

 

汚れや汗、皮脂、そしてノネナールをきれいに取り除けるのがお風呂です。
お風呂の入り方や体の洗い方を工夫するだけで、加齢臭をしっかり抑えて臭いを軽減させるのに役立ってくれます。

 

加齢臭が起きやすい場所は皮脂の分泌が分泌が活発な場所です。
耳の後ろや首の後ろ、脇と胸、背中の中心とへそ、陰部などが臭いを発しやすいですから、体を洗う時にはこの部分を意識して洗うようにしましょう。
汚れをしっかり落とそうと目の粗いタオルでゴシゴシ洗ってしまっては肌を傷つけて臭いを強くしてしまいます。
たっぷりと泡立てたボディソープや石鹸を手や柔らかいタオルで優しく洗うようにして、ノネナールが出やすい場所は丁寧に洗うと効果的です。
通常のボディソープや石鹸よりも、加齢臭用のものだと消臭効果が高いですから、専用石鹸を使った方が加齢臭対策には役立ちます。

 

また、すすぎもしっかり行って、泡と共に汚れをしっかり落とすようにしましょう。
すすぎが不十分だとノネナールが皮膚に残った状態になりますから、しっかり洗ったのにもかかわらず、時間が経たないうちにまた加齢臭が起きやすくなります。
シャワーでさっと洗い流すだけでなく、手を使って泡が残っていないかどうか確認しながらすすぎを行いましょう。

 

髪や体を洗った後はしっかり湯船に浸かるのがおすすめです。
発汗作用で体内の老廃物も一緒に出てくれますから、加齢臭の臭いを抑えるのに役立ってくれます。
また、血行が良くなって代謝がアップしますから、体内に不要なものが残りにくくなり汗にも臭い物質が含まれなくなって体臭を和らげてくれます。

 

加齢臭の臭いの元を取るにはやはり清潔にしておくのが一番です。
お風呂はそんな汚れを取り除いて臭いの元を消してくれますから、体の洗い方やお風呂の入り方に少し工夫してみましょう。