体臭の原因は油のような汗、メイクの落ちる原因は無臭の汗

人間が生き物である限り代謝として汗は常にかきます。

 

夏の暑い日にも冬の寒い日にも必ず人は汗をかいています。しかたのないことではあるものの汗で悩むことは多くあると思います。

 

例えば、洋服の脇や首元にしみができていたり、汗が乾いた後に臭くなったり、女性の方なら顔のメイクが落ちてしまったりといろいろあります。汗にもいくつか種類があるのはご存知でしょうか。さらさらと無臭の汗とべとべとと油のような、臭いのある汗です。

 

これらの二つは普段の日常の生活の仕方によって変わっていきます。主に体臭の原因となるのは油のような汗となり、メイクなどの落ちる原因となるのは無臭の汗でしょう。まずは、体臭の原因となる汗の仕組みですが、汗を出す汗腺は普段常に活動しますが、普段あまり活動しないとその能力は衰えていきます。その結果他の汗腺に汗を出す負担が大きくなります。

 

その汗腺から出てくる汗というものが臭いがあるべとべとした汗になります。これの対処法は普段から汗をかくようにするということです。少し汗の対処の話で汗をかけというのはおかしいような気もすると思いますが、汗を普段からかいておくと汗腺は活動が多くなり能力の衰えがなくなり、負担を減らすことができます。休日の日などに運動をしたり、辛いものや熱いものなどを食べたりするのが効果的です。また、エアコンを使わないようにするというのも効果的です。

 

次にさらさらの無臭の汗の対処方法です。

 

こちらの汗は先に記述したとおり臭いはありませんが、メイクの落ちやしみの原因です。この汗は主に体温調節などで出てきている汗が多いです。まず、その汗を減らすのは体温を冷やす必要があります。首元や脇のしたなどに冷えたものを当てたりするのが効果的です。しかし、それでも多い人はハッカ油を使うことをおすすめします。

 

誰でも一回は使ったことがあると思うのですが、湿布などに含まれている触れると冷たく感じるものです。あれは実際には冷たくはなく人の体感温度を下げているだけです。しかしそれは汗の対策には効果があります。これらが汗の対処と仕組みになります。
汗を抑えるためにファリネなどの制汗剤を使用するのも良いでしょう。また、性欲の強い人は汗をかきやすいともいいます。また、汗を書いても落ちにくいコスメはビーグレンです。